PEOPLE社員紹介

司法書士法人星野合同事務所 司法書士

SATOSHI KAWASHIMA

川島聡2015年入所

企業法務に強い司法書士事務所を探し続けた。それが星野合同事務所だった。

時には経験したことのない難しいご依頼もある。所内の色々なリソースを活用し、司法書士として完璧な手続きを行う。

今の業務内容を具体的に教えてください。

私は会計事務所や事業会社からのご依頼をメインに、登記業務を中心に業務にあたっています。
毎年恒常的に発生する役員の変更から多数の当事者がからむ合併、会社分割、株式交換、株式移転の組織再編等の商業登記、個人の相続、不動産売買の立ち合い業務等の不動産登記業務についても幅広く対応しております。特に組織再編に関する登記業務に関しては、グループ企業を多く抱えた企業からのご依頼も多く、年間を通してお客様からご依頼が多く、継続的に取り組んでいる業務の一つとなっています。

なぜ星野合同事務所を選んだのですか?

私は本事務所に、2015年11月から働いております。それまでは、神奈川県の司法書士事務所を経て事業会社の総務部に勤務しておりました。以前に勤務していた司法書士事務所は、個人法務を扱う機会が比較的多かったのですが、度々中小企業を中心とした商業登記業務も扱っていました。商業登記業務に携わったことを通じて、会社法を中心とした企業法務に興味が生じ、この分野での専門性を高めたいと考えるようになっていったのです。こうした考えが強まる中、多くの事業会社をクライアントとして抱え、企業法務に関する相談が多く寄せられるような司法書士事務所に入所したいと思い始めたのです。こうした考えのもと司法書士事務所を検討した結果、商業登記の知識のみに限らず、企業に求められる幅広い知識を習得できる本事務所で働くことになったのです。

星野合同事務所に入所して、自分自身に何か変化はありましたか?

本事務所に入所し、提供する業務の専門性や正確性に一層の気遣うようになり、会社法を中心とした法令や実務への理解がさらに深まっていると感じています。ご依頼頂くお客様の多くがコンプライアンスについて非常に厳格に運営されており、私もお客様からの信頼に応えるべく、司法書士として完璧なアウトプットをお渡しできるよう、いつも緊張感をもって慎重に取り組んでおります。
本事務所は、業務の段取りや取り組み方については、担当する個々の裁量に任されていることも多くあり、自分自身でスケジュールを調整し、業務と私生活とのバランスを取って働けるようになりました。休みが取れるような時期には思い切って休暇をとり、家族と過ごす時間を多く取ることができるようになったと感じています。

星野合同事務所の魅力は何ですか?

本事務所は在籍している所員の数が多く、不動産、商業登記にかかわらず多種多様な案件を扱っています。私がこれまで取り扱ったことがなかった種類の案件でも、事務所内で扱っていることも多く、所内の色んな方々からのアドバイスを受けながら、自分の経験値を高められることは魅力のひとつだと思います。
業務経験を重ねれば、ひとつひとつの仕事に対して、担当者の裁量に任せて運営できますので、仕事に対するやりがいを感じることができます。時には、経験したことのないような案件を任されることもありますが、責任感や技量が高まり、能力向上につながっていると実感しています。

将来のビジョンは何ですか?

業務を通じてより多くの客様の信頼を得ていきたいと考えております。また、日々の業務から研鑽を重ね、得た知識・経験を後進育成のために役立て、育成を通じて自身のマネージメント能力も備え付けたいと考えています。
業務外では、会務などにも積極的に参加し、私たちが司法書士業務に携われることも、諸先輩方の不断の努力により社会のインフラとして確立してきた司法書士制度の賜物であると考え、司法書士業務を通じ、より社会貢献できるよう、制度の一層の発展のため尽力しつつ、一方で自分を支えてくれる家族との時間も大切にしていきたいと考えています。

PROFILE

司法書士法人星野合同事務所 司法書士

川島聡SATOSHI KAWASHIMA

神奈川県の司法書士事務所からスタートし、その後、事業会社の総務部を経て、2015年星野合同事務所に入所。司法書士として10年超のキャリアを形成し、個人法務から企業法務まで幅広い業務を経験。現在は、企業法務のスペシャリストとして、本事務所で活躍。

 

社員一覧へ戻る