PEOPLE社員紹介

司法書士法人星野合同事務所 司法書士

TAIKI AGATA

阿形太樹2014年入所

代表星野に面し、
「この会社なら面白そうな経験が出来そうだな」と直感した。

この会社に入って、
能動的な積み重ねが
不可欠だと再認識した。

今の業務内容を具体的に教えてください。

私が所属する商業登記部門は、会社設立や役員変更等の基本的な登記手続から、新株予約権、組織再編等の比較的複雑な登記手続まで、企業法務に係る幅広い依頼を頂いております。
ただ、私が担当させて頂いているお客様は登記手続のみを依頼してくることはほとんどありません。お客様との対話を通じて、当該登記に至るまでの具体的な道筋や法的スキーム、またスキームの実行に当たって法務上留意すべき点等を総合的にアドバイス差し上げるといった、法務コンサルティング的な役目が職務の中心となっており、こうした助言活動の結果、各種契約書や会社法関係書面その他必要書面の作成や登記申請の代理業務を受任することになります。

なぜ星野合同事務所を選んだのですか?

司法書士専門の人材紹介会社を通じて初めて紹介された事務所が本事務所でした。人材紹介会社からは、事前に星野合同事務所の業務の広さや歴史、規模等を聞き、大変興味を持ちました。
実際、最初の面接で所長の星野と1時間程度話して、ここなら幅広い業務と、また、司法書士の枠に留まらない面白い経験が出来そうだなと直感的に感じたことが決め手となりました。ちなみに当時何を話したかは、覚えてないのですけどね(笑)。

星野合同事務所に入社して

司法書士業務は、担当するお客様の他にも、その方に関わる多数の利害関係者の方と接してその調整を図る、といった場面が多くあります。本事務所は非常に多くのお客様を抱えており、更にお客様の利害関係者まで含めると非常な人数になります。この事務所に所属し、色々な方の話や境遇をお聞きすることができ、見える世界が広がったのかな、といった思いはあります。
また、多くの方々とコミュニケーションを実際にとりながら、幾つもの複雑な案件を同時並行で進め、かつクロージングまで持っていくためには、単に司法書士試験を突破するレベルの専門知識のみでは不十分と感じております。
日頃から専門分野やその周辺知識に関する勉強を能動的に積み重ねていく姿勢が必要不可欠なのだということは再認識しております。そのようなことを気づくことができたということは、やはり本事務所に入社して変化があったことなのだなと思います。

PROFILE

司法書士法人星野合同事務所 司法書士

阿形太樹TAIKI AGATA

国内大手生命保険会社で国際営業部門、審査部門に従事し、司法書士試験合格後に星野合同事務所に入所。大学では海外に単身ボランティアやバックパッカーとして見聞を広げる。一度金融業界に入ったものの、法律への思いを捨てきれず勉強し直し司法書士に転身。

社員一覧へ戻る