MESSAGE代表メッセージ

東雲グループ 代表
司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所 代表社員

HIROKI HOSHINO

星野 大記

先駆者たれ、
牽引者たれ

創業40周年を越えた現在、複数の士業の者が集う東雲グループには様々なご相談を頂戴しております。例えば、新規事業の立ち上げ、資金繰り、金融機関との交渉、人材採用や評価制度、債権の回収、事業の承継など様々な経営課題に関する経営者様からのご相談や、所有する不動産の有効活用、認知症対策、財産管理、相続対策、離婚や養育費などの個人や家族に関わるご相談など、多種多様です。


絡まった糸のように複雑なそのご相談内容を解いていくと、そこには登記業務という特定の業務ではなく、あらゆる方面から解決のアプローチを行なうことを求められる難解な問題が姿を現します。
複数の士業の視点を持ち合わせた私たち東雲グループがお客様に提供すべきは、そういった専門業務の域を越えた総合的かつ包括的なコンサルティングです。お客様が心安らかにお過ごしいただけるよう、そして大切な財産や思いをお守りできるよう、全方向からベストの手段を尽くすこと、それが私たちの使命です。

技術革新などにより士業の一部の業務は将来的に消滅するとも言われています。確かにAI(人工知能)の発達によって、士業の職域がこの先コンピューター化されていくことになるでしょう。だからこそ、私たちはもうすでに動き始めています。
どこよりも先に、誰よりも早く、動き始めています。司法書士だから登記をやる、ではなく、お客様の潜在的なご不安を理解し、状況を整理して、解決のための道を整備して取り仕切る存在こそ、これから求められていくサービスなのではないでしょうか。

私たち東雲グループはこれからも時代の要請に応じ、柔軟に変化をしていきます。
ともに業界を牽引していきたいという志を持つ仲間を心よりお待ちしております。

PROFILE

東雲グループ 代表
司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所 代表社員

星野 大記 HIROKI HOSHINO

2003年8月星野合同事務所に入所、2005年1月星野合同事務所所長に就任。2010年10月、司法書士、行政書士、弁護士、土地家屋調査士等による専門家による総合サービスを展開する「東雲グループ」を創設。グループ内には中小企業経営者の事業承継をサポートするM&A業務や不動産の有効活用等をアドバイスするコンサルティング会社も擁し、リーガル業務を軸に幅広いサービスラインナップを持つ。士業という枠組みに捉われず、お客様のニーズに応えられる集団でありたいという考えのもと、新たな挑戦を続けている。